「 iDeCo 」 一覧

三菱東京UFJ銀行のiDeCo(個人型確定拠出年金)完全ガイド

三菱東京UFJ銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介します。 三菱東京UFJ銀行のiDeCo(イデコ)は2つのコースが用意されています。 標準コース ライトコース 以前はAプランというコースも用意されてい ...

きらやか銀行のiDeCo(個人型確定拠出年金)完全ガイド

きらやか銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介します。 残念ながら、現在、きらやか銀行は新規のiDeCo(イデコ)を受け付けていません。 きらやか銀行でiDeCo(イデコ)の加入を希望する人は他のサービス ...

りそなグループ(埼玉りそな・近畿大阪)のiDeCo(個人型確定拠出年金)完全ガイド

日本を代表するメガバンクの1つである、りそな銀行グループのiDeCo(イデコ)をご紹介します。 りそな銀行のiDeCo(イデコ)は次の3つの銀行で共通商品として取り扱われています。 りそな銀行 埼玉り ...

iDeCoの投資信託で「バランス型」は危険!?その理由とは

iDeCo(イデコ)で投資できる投資信託の中に「バランス型」があります。 このバランス型に投資する際は、注意が必要です。 バランス型という甘い言葉に惑わされてしまわないように、商品の中身を理解しましょ ...

iDeCo運用で考える分散投資と最適な投資先の選び方

投資と聞くと、難しいと感じてしまいますよね。 それはiDeCo(イデコ)でも同じでしょ?と言われてしまうかもしれません。 しかし。 iDeCo(イデコ)は難しいと考えられている分散投資を比較的簡単に行 ...

iDeCoの積立金は何歳から受け取れる?タイミングを理解しておこう

iDeCo(イデコ)は60歳から積立金を受け取ることができます。 ただし。 これは義務ではなく、権利となっています。 60歳になったからといって、必ずiDeCo(イデコ)の資金を受け取る必要はありませ ...

iDeCoの投資信託選びで失敗しないたった1つの「選び方」

iDeCo(イデコ)で積み立てた資金は基本的に投資信託の購入あてられます。 もちろん、元本が保証された定期預金や保険へ投資することもできます。 ただし、iDeCo(イデコ)は運用益が非課税というメリッ ...

iDeCoで積み立てたお金を受け取る3種類の方法|一時金・併給・年金

iDeCo(イデコ)で積み立てた資産を受け取る方法をご紹介します。 受け取り方法によって活用できる優遇策も異なりますので、理解しておくことが大切です。 ポイントは3つあります。 受け取りは60歳から ...

iDeCoの死亡一時金とは?加入者が亡くなった時の対応方法

iDeCo(イデコ)は通常、60歳になるまで積み立てたお金を受け取ることができません。 しかし。 例外的な措置として、2つのパターンで資金を受け取ることができます。 死亡時 障害を負った時 どちらのケ ...

iDeCoの障害給付とは?60歳になる前でも受け取れる制度を理解しよう

iDeCo(イデコ)は原則として、60歳まで積み立てたお金を受け取ることができません。 ただし、例外が2つ設けられています。 死亡時 障害を負った時 1つ目の死亡時は、別の記事で取り上げています。 今 ...

Copyright© はじめてイデコ|iDeCoを始めたいあなたへ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.