iDeCoの基礎知識

iDeCoで積み立てたお金を受け取る3種類の方法|一時金・併給・年金

投稿日:

iDeCo(イデコ)で積み立てた資産を受け取る方法をご紹介します。

受け取り方法によって活用できる優遇策も異なりますので、理解しておくことが大切です。

ポイントは3つあります。

  • 受け取りは60歳から
  • 3種類の受け取り方法を有効活用
  • 税金の優遇策を目一杯使おう

長年、積み立ててきたあなたの大切な資産です。

できる限り多く、手元に残るよう、最善策を検討することが重要です。

受け取り時に失敗しないためにも、3種類の受け取り方法の中で、あなたに最も合った方法を選びましょう。

iDeCo(イデコ)を受け取れる年齢とは

iDeCo(イデコ)は原則として60歳になるまで受け取ることができません。

ただし、万が一、次の2つの状態になってしまった場合は受け取ることができます。

  • 死亡時
  • 障害を負った時

それ以外は原則として60歳から受け取ることになります。

更に、60歳になっても受け取れない場合もあります。

それは「加入期間が10年未満」の場合です。

60歳から受け取るためには、iDeCo(イデコ)に加入していた期間が10年以上必要になります。

10年に満たない場合は、次の表にまとめた年齢から受け取ることになります。

10年以上 60歳
8年以上10年未満 61歳
6年以上8年未満 62歳
4年以上6年未満 63歳
2年以上4年未満 64歳
1ヶ月以上2年未満 64歳

あなたの加入期間が短い場合は、受け取り可能な年齢が後ろ倒しになることを理解しておくことが重要です。

iDeCo(イデコ)の資金を受け取る3つの方法

iDeCo(イデコ)の資産を受け取る方法は3種類あります。

  • 一時金
  • 年金
  • 併給

ちなみに、2016年度に確定拠出年金を受け取った人の9割は一時金を選択しています。

この理由についても、この後、ご紹介していきます。

一時金で受け取る

iDeCo(イデコ)で形成した資産をまとめて受け取る方法がこちらになります。

一時金で受け取る場合は「退職金」と同じ扱いになり、「退職所得控除」を活用することができます。

退職所得控除は勤続年数を利用した控除になっていますが、iDeCo(イデコ)の場合は加入年数が勤続年数として扱われます。

ただし。

勤めていた会社で退職金を受け取っている場合、合算して税金を計算することになります。

主婦の場合は、退職金がないため、退職所得控除を活用できる「一時金」がおすすめと言えます。

年金で受け取る

年金とは、従来の年金と同様に年に2回〜6回に分けて受け取る方法です。

こちらは「年金所得控除」を活用することができます。

自営業者やフリーランスの方は、年金が国民年金だけのため、年金支給額が少なくなります。

そういったケースは年金として受け取ることも検討するべきです。

ただし。

年金として受け取る場合は、毎回の支給時に「432円」の支払い手数料が必要になります。

併給で受け取る

併給とは字の通り、一時金と年金を組み合わせた受け取り方法です。

併給は利用できる金融機関とできない金融機関がありますので、注意が必要です。

併給のメリットは退職金の金額を見ながら、一時金の金額を調整できることです。

退職時は何かと資金が必要です。

ただし、金額が大きすぎると税金がかかってしまいます。

退職所得控除の金額を目一杯まで活用することが可能なのが、併給なのです。

残った資金は、年金として受け取ることもできるので、一石二鳥と言えます。

あなたのライフプランに合った受け取り方法を選ぼう

ここまで、受け取り方法についてまとめてきました。

さて。あなたに合った受け取り方法とはどれでしょうか?

受け取り方法を選択する時に、まず行う必要があることは「ライフプランの策定」です。

一時金として、全額を受け取る人が多い理由は「面倒な手続きを一度で終えたい」からです。

しかし。

一時金で大きな金額を受け取ってしまえば、必要のない税金を支払うことになります。

iDeCo(イデコ)は税優遇が整った制度です。

優遇制度を目一杯活用しなければ、もったいないと言っても過言ではありません。

退職という節目だからこそ、手を抜かず、あなたの資産が最も良い形で手元に残るよう、計算した上で受け取り方法を選択しましょう。

まとめ

今回はiDeCo(イデコ)の受け取り方法についてご紹介してきました。

おさらいしておきましょう。

  • 受け取りは60歳から
  • 受け取り方法は3種類
  • ライフプランを考えた受け取り方法を選ぼう

寿命が延びた今、あなたの人生はこれまでと違って、定年退職してから20年〜30年続いていきます。

文字通り、第二の人生が待ち受けています。

これまで積み立ててきた資産を有効活用し、新たな人生の一歩を踏み出しましょう。

iDeCo(イデコ)ランキング

SBI証券

 iDeCo(イデコ)に加入するなら断然「SBI証券」をおすすめします。

私がSBI証券をおすすめする理由は3つあります。

  • 運営管理手数料が「無料」
  • 投資信託の商品が豊富
  • 加入者が多い

SBI証券は多くの人がおすすめしていますが、それだけ加入者のことを考えたサービスとなっています。

私自身もSBI証券でiDeCo(イデコ)を運用しています。

安心・安全なSBI証券のiDeCo(イデコ)であなたの大切な老後資産を作っていきましょう。

楽天証券

2つ目にご紹介するのは「楽天証券」です。

SBI証券と同様に日本を代表するネット証券の1つと言えます。

楽天証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が無料
  2. 楽天ポイントがもらえる

楽天ユーザーにとっては欠かせない存在が楽天証券となりますので、楽天ユーザーはおすすめです。

大和証券

大和証券 iDeCo

最後にご紹介するのは「大和証券」です。

大和証券は日本を代表する証券会社の1つです。

大和証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が「無料」
  2. 低コスト投資信託を厳選
  3. 動画で投資を学べる

動画が活用できるため、あなたに適した運用を学ぶことができます。

-iDeCoの基礎知識
-, , , , , ,

Copyright© はじめてイデコ|iDeCoを始めたいあなたへ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.