証券会社のiDeCo

野村證券のiDeCo(個人型確定拠出年金)完全ガイド

投稿日:

野村證券のiDeCo(個人型確定拠出年金)をご紹介します。

野村證券は国内最大手の証券会社で世界にも進出していることで有名ですよね。

富裕層向けや大企業での従業員持株会など、収入が多い会社員や資産家の顧客を多く抱えています。

そんな野村證券にもiDeCo(個人型確定拠出年金)の商品があります。

特別な理由がある場合を除き、基本的に野村證券でiDeCo(個人型確定拠出年金)を運用するメリットはありません。

一方で、会社の指示で野村證券でのiDeCo(個人型確定拠出年金)運用を求められている場合は、商品内容を理解するためにも最後までご覧ください。

野村證券iDeCo(個人型確定拠出年金)の商品構成

まず、野村證券iDeCo(個人型確定拠出年金)の商品ラインナップをご紹介していきます。

野村證券では、大きく分けて2つの商品に分類されています。

  • 元本確保型
  • 投資信託

それぞれの商品構成を見ていきましょう。

定期預金(元本確保型)

元本確保型商品として定期預金が準備されています。

  • セブン銀行確定拠出年金専用定期預金5年

こちらの商品は元本が確保されますが、毎月の手数料によっては元本割れを起こすことがあることを理解しておきましょう。

国内債券型

  • 野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合

外国債券型

  • 野村DC・PIMCO・世界インカム戦略ファンド(為替ヘッジあり)
  • 野村DC外国債券インデックスファンド
  • 野村新興国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)

国内株式型

  • リサーチ・アクティブ・オープン(確定拠出年金向け)
  • ひふみ年金
  • 野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX
  • 野村日経225インデックスファンド(確定拠出年金向け)

外国株式型

  • キャピタル世界株式ファンド(DC年金用)
  • フィデリティ・グローバル・エクイティ・オープンB(為替ヘッジなし)(確定拠出年金向け)
  • 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
  • 野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)

リスクコントロール型

  • 野村DC運用戦略ファンド(マイルド)
  • 野村DC運用戦略ファンド

バランス型

  • マイターゲット2030(確定拠出年金向け)
  • マイターゲット2035(確定拠出年金向け)
  • マイターゲット2040(確定拠出年金向け)
  • マイターゲット2045(確定拠出年金向け)
  • マイターゲット2050(確定拠出年金向け)
  • マイターゲット2055(確定拠出年金向け)
  • マイターゲット2060(確定拠出年金向け)
  • マイバランスDC30
  • マイバランスDC50
  • マイバランスDC70

不動産投資

  • 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)
  • 野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)

 

以上が野村證券のiDeCo(個人型確定拠出年金)で運用できる商品となります。

ひふみ年金など、人気が高い商品も含まれています。

全体的に野村の商品が多いため、信託報酬と呼ばれる運用手数料は高めであることを覚えておきましょう。

野村證券iDeCo(個人型確定拠出年金)の手数料

iDeCoを利用する上で、欠かせない手数料の詳細をご紹介します。

iDeCoは大きく分けて4つの手数料があります。

  • 国民年金基金連合会:新規加入手数料(一律:2,777円)
  • 国民年金基金連合会:月額手数料(一律:103円)
  • 運営管理手数料:月額手数料
  • 事務委託先金融機関手数料:月額手数料(一律:64円)

この4つの手数料のうち、3つはどこの金融機関で口座を開設しても一律です。

問題は3つ目の手数料「運営管理手数料」になります。

この運営管理手数料は金融機関ごとに自由に設定できるからです。

運営管理手数料は毎月、差し引かれる手数料です。

運用期間が長い、iDeCoだからこそ、この運営管理手数料が安い金融機関で開設することが重要です。

新規加入手数料 2,777円
国民年金基金連合会:月額手数料 103円
運営管理手数料 283円
事務委託先金融機関手数料 64円

野村證券の運営管理手数料は「283円」に設定されています。

ただし、毎月の掛け金が1万円以上または残高が100万円以上の場合は0円となります。

この運営管理手数料は毎月の運用額から差し引かれるため、可能な限り「0円」の証券会社などを選択することをおすすめします。

まとめ

今回は野村證券のiDeCoをご紹介しました。

大手証券会社として運営するiDeCoのため、あまり多くの人が申し込むことはないことでしょう。

だからこそ、検討しているのであれば、あなたにベストな選択となっているか、十分に検討してください。

あなたの選択に少しでも参考になれば幸いです。

iDeCo(イデコ)ランキング

SBI証券

 iDeCo(イデコ)に加入するなら断然「SBI証券」をおすすめします。

私がSBI証券をおすすめする理由は3つあります。

  • 運営管理手数料が「無料」
  • 投資信託の商品が豊富
  • 加入者が多い

SBI証券は多くの人がおすすめしていますが、それだけ加入者のことを考えたサービスとなっています。

私自身もSBI証券でiDeCo(イデコ)を運用しています。

安心・安全なSBI証券のiDeCo(イデコ)であなたの大切な老後資産を作っていきましょう。

楽天証券

2つ目にご紹介するのは「楽天証券」です。

SBI証券と同様に日本を代表するネット証券の1つと言えます。

楽天証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が無料
  2. 楽天ポイントがもらえる

楽天ユーザーにとっては欠かせない存在が楽天証券となりますので、楽天ユーザーはおすすめです。

大和証券

大和証券 iDeCo

最後にご紹介するのは「大和証券」です。

大和証券は日本を代表する証券会社の1つです。

大和証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が「無料」
  2. 低コスト投資信託を厳選
  3. 動画で投資を学べる

動画が活用できるため、あなたに適した運用を学ぶことができます。

-証券会社のiDeCo
-, ,

Copyright© はじめてイデコ|iDeCoを始めたいあなたへ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.