ネット証券のiDeCo

マネックス証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)完全ガイド

投稿日:

マネックス証券のiDeCo(イデコ)をご紹介します。

マネックス証券は日本を代表するインターネット専業証券会社の1つです。

株式の売買では格安の手数料で人気があります。

iDeCo(イデコ)についても、運営管理手数料を無料にするなど、攻勢を強めています。

マネックス証券iDeCo(イデコ)の強みは次の3点です。

  • 運営管理手数料が無料
  • 低コスト投資信託に注力
  • ロボアドバイザーが使える

投資信託の商品数はSBI証券に及びませんが、低コストで運用できる商品に注力するなど特徴があります。

それでは、マネックス証券のiDeCo(イデコ)をまとめています。

マネックス証券iDeCo(イデコ)の運用商品

マネックス証券iDeCo(イデコ)で投資可能な商品をご紹介して行きます。

マネックス証券で投資可能な商品は22本あります。

特徴は先ほども触れた通り、低コストです。

しかし。

中にはアクティブ運用ファンドとして、高コストな商品もあるため注意が必要です。

定期預金

  • みずほDC定期預金(1年)

国内債券

  • 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)

国内株式

  • DIAM DC 国内株式インデックスファンド
  • 日興アクティブバリュー
  • DCニッセイ日経225インデックスファンドA
  • iFree JPX日経400インデックス
  • SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(DC年金)
  • スパークス・新・国際優良日本株ファンド

海外債券

  • eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
  • たわらノーロード 先進国債券(為替ヘッジあり)
  • iFree 新興国債券インデックス

海外株式

  • 朝日Nvest グローバル バリュー株オープン
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC年金)
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • たわらノーロード NYダウ

国内不動産

  • DCニッセイJ-REITインデックスファンドA
  • 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)

海外不動産

  • 三井住友・DC外国リートインデックスファンド

コモディティ

  • ゴールド・ファンド(為替ヘッジあり)

バランス型

  • ラッセル・インベストメント・グローバル・バランス 安定成長型
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

以上がマネックス証券で投資できる商品になります。

マネックス証券は用意している商品1つ1つに選定理由を掲載しています。

どんな理由でこの商品をお勧めしているのか、見える化されているのは良いことですね。

マネックス証券iDeCo(イデコ)の手数料

iDeCoを利用する上で、欠かせない手数料の詳細をご紹介します。

iDeCoは大きく分けて4つの手数料があります。

  • 国民年金基金連合会:新規加入手数料(一律:2,777円)
  • 国民年金基金連合会:月額手数料(一律:103円)
  • 運営管理手数料:月額手数料
  • 事務委託先金融機関手数料:月額手数料(一律:64円)

この4つの手数料のうち、3つはどこの金融機関で口座を開設しても一律です。

問題は3つ目の手数料「運営管理手数料」になります。

この運営管理手数料は金融機関ごとに自由に設定できるからです。

運営管理手数料は毎月、差し引かれる手数料です。

運用期間が長い、iDeCoだからこそ、この運営管理手数料が安い金融機関で開設することが重要です。

新規加入手数料 2,777円
国民年金基金連合会:月額手数料 103円
運営管理手数料 0円(無料)
事務委託先金融機関手数料 64円

マネックス証券の運営管理手数料は「0円(無料)」に設定されています。

この無料サービスはキャンペーン等ではありません。

利用中は基本的に無料期間が継続されると考えてください。

毎月の手数料は一律手数料合計額である「167円」と業界最安値となっています。

マネックス証券iDeCo(イデコ)のサポート体制

次に、マネックス証券iDeCo(イデコ)のサポート体制をまとめます。

マネックス証券のiDeCo(イデコ)では、2つのサポート体制が整備されています。

  • コールセンター
  • ロボットアドバイザー

それぞれをご紹介して行きます。

コールセンター

マネックス証券のコールセンターは土曜日にも受付を行なっています。

このコールセンターはiDeCo(イデコ)専用スタッフが対応しているため、安心して電話をかけることができます。

  • 平日:9時〜20時
  • 土曜日:9時〜17時(祝日は除く)

実際に運用をスタートしてみると、何かと質問したいことが出てきます。

そんな時、土曜日対応のコールセンターがあるとありがたいですね。

また、平日も20時まで対応しているので、ノー残業デーなどのタイミングで問い合わせることもできます。

iDeCo(イデコ)専用ロボアドバイザー

マネックス証券のiDeCo(イデコ)は専用のロボアドバイザーを用意しています。

その名も「iDeCo(イデコ)ポートフォリオ診断」です。

6つの質問に答えるだけで、あなたに合った分散投資プランを提案してくれます。

このiDeCoポートフォリオ診断は利用前にも診断を受けることができます。

6つの質問に答えると、9つに分けられたリスクランクが表示されます。

診断結果から推奨商品と投資割合が表示されます。

あなたも加入前に診断を受けてみてはいかがでしょうか。

ーーーーーーーーーーーー

マネックス証券:iDeCoポートフォリオ診断

https://info.monex.co.jp/ideco/products/robot-adviser/index.html

ーーーーーーーーーーーー

まとめ

今回はマネックス証券のiDeCo(イデコ)をご紹介しました。

少しだけおさらいしておきましょう。

  • 運営管理手数料が無料
  • 投資商品は厳選22本
  • ロボットアドバイザーが使える

当サイトでは、マネックス証券を2番目におすすめしています。

ロボットアドバイザーは利用前にも使えるため、ぜひ利用をおすすめします。

あなたの老後資産形成に向けて、iDeCo(イデコ)加入金融機関を選択しましょう。

iDeCo(イデコ)ランキング

SBI証券

 iDeCo(イデコ)に加入するなら断然「SBI証券」をおすすめします。

私がSBI証券をおすすめする理由は3つあります。

  • 運営管理手数料が「無料」
  • 投資信託の商品が豊富
  • 加入者が多い

SBI証券は多くの人がおすすめしていますが、それだけ加入者のことを考えたサービスとなっています。

私自身もSBI証券でiDeCo(イデコ)を運用しています。

安心・安全なSBI証券のiDeCo(イデコ)であなたの大切な老後資産を作っていきましょう。

楽天証券

2つ目にご紹介するのは「楽天証券」です。

SBI証券と同様に日本を代表するネット証券の1つと言えます。

楽天証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が無料
  2. 楽天ポイントがもらえる

楽天ユーザーにとっては欠かせない存在が楽天証券となりますので、楽天ユーザーはおすすめです。

大和証券

大和証券 iDeCo

最後にご紹介するのは「大和証券」です。

大和証券は日本を代表する証券会社の1つです。

大和証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が「無料」
  2. 低コスト投資信託を厳選
  3. 動画で投資を学べる

動画が活用できるため、あなたに適した運用を学ぶことができます。

-ネット証券のiDeCo
-, , ,

Copyright© はじめてイデコ|iDeCoを始めたいあなたへ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.