iDeCoの基礎知識

iDeCoの意味とは?愛称に込められた意味を理解しよう

投稿日:

テレビや新聞、雑誌など様々な広告で「iDeCo(イデコ)」という文字を目にする機会が増えていませんか?

イデコってなんだろう・・・。

そんなことを思ったあなた!

イデコを知って、未来を作るチャンスです。

iDeCoの意味を知ると、あなたの未来が明るくなるかもしれません。

イデコってなに?というあなたのためにまずは、iDeCoという言葉に込められた意味を理解することから始めましょう。

iDeCo(イデコ)とは?

そもそも、iDeCo(イデコ)とは何でしょうか。

iDeCo(イデコ)を日本語に訳すと「個人型確定拠出年金」と言います。

こ、こじんがた・・・かくていきょしゅつねんきん?

難しい漢字が並んでいて、理解するのが難しくないですか?

パっと見てわかるイメージは「個人の」「年金」ということでしょうか。

そうなんです。

iDeCo(イデコ)とは個人の資産形成し、未来の年金にする制度なんです。

つまり、「あなたが作るあなたのための年金」と言えます。

iDeCo(イデコ)の意味は?

では、本題に行きましょう。

iDeCoは「Individual Defined Contribution」の頭文字を取ったものです。

つまり、「個人の」「確定拠出年金」を意味しています。

なぜ、日本はiDeCo(イデコ)という言葉が使われているのでしょうか。

これは先ほどもご紹介した「個人型確定拠出年金」という言葉に要因があります。

あなたは「iDeCo(イデコ)」と「個人型確定拠出年金」を比べると、どちらに親近感がわきますか?

個人型確定拠出年金という言葉は漢字が9文字も並んでいて、とても難しい制度に見えてしまいます。

そこで、親しみやすい「愛称」を募集したところ、4000を超える応募があった中で選ばれた言葉が「iDeCo(イデコ)」なんです。

iDeCo(イデコ)はカタカナで表記しやすく、覚えやすい3文字になっています。

まとめ

今回はiDeCo(イデコ)の言葉に込められた意味をご紹介しました。

あなたもこれからiDeCo(イデコ)を始めようと考えているかもしれません。

iDeCo(イデコ)はあなたの未来を作り大切なあなた専用の年金になります。

人口が減少する中で、従来の年金には暗い未来が待ち受けています。

そんな現状を理解した上で、あなた専用の年金をあなたの手で作っていく制度がiDeCo(イデコ)なんです。

iDeCo(イデコ)という言葉に込められた意味を理解して、あなたの未来を形作って行きましょう!

iDeCo(イデコ)ランキング

SBI証券

 iDeCo(イデコ)に加入するなら断然「SBI証券」をおすすめします。

私がSBI証券をおすすめする理由は3つあります。

  • 運営管理手数料が「無料」
  • 投資信託の商品が豊富
  • 加入者が多い

SBI証券は多くの人がおすすめしていますが、それだけ加入者のことを考えたサービスとなっています。

私自身もSBI証券でiDeCo(イデコ)を運用しています。

安心・安全なSBI証券のiDeCo(イデコ)であなたの大切な老後資産を作っていきましょう。

楽天証券

2つ目にご紹介するのは「楽天証券」です。

SBI証券と同様に日本を代表するネット証券の1つと言えます。

楽天証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が無料
  2. 楽天ポイントがもらえる

楽天ユーザーにとっては欠かせない存在が楽天証券となりますので、楽天ユーザーはおすすめです。

大和証券

大和証券 iDeCo

最後にご紹介するのは「大和証券」です。

大和証券は日本を代表する証券会社の1つです。

大和証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が「無料」
  2. 低コスト投資信託を厳選
  3. 動画で投資を学べる

動画が活用できるため、あなたに適した運用を学ぶことができます。

-iDeCoの基礎知識
-, , ,

Copyright© はじめてイデコ|iDeCoを始めたいあなたへ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.