地銀のiDeCo

きらやか銀行のiDeCo(個人型確定拠出年金)完全ガイド

投稿日:

きらやか銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介します。

残念ながら、現在、きらやか銀行は新規のiDeCo(イデコ)を受け付けていません。

きらやか銀行でiDeCo(イデコ)の加入を希望する人は他のサービスを紹介されます。

紹介を行なっているサービスは下記の2つです。

  • 三井住友海上
  • 東京海上日動

そのため、今回は以前、募集されていたきらやか銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介していきます。

きらやか銀行iDeCo(イデコ)の運用商品

きらやか銀行が以前、募集を行なっていたiDeCo(イデコ)の商品をまとめます。

募集が停止されていることもあって、現在、公開されている商品が全てかどうかわかりません。

商品数も少なく、募集停止が妥当と言えそうです。

定期預金

  • きらやかDC定期預金1年

国内株式

  • 年金積立インデックスファンド225
  • トピックス・インデックス・オープンDC
  • DIAM日本株式オープン(DC年金)

バランス型

  • MHAMスリーウェイオープン
  • DIAMライフサイクル・ファンド(DC年金)
  • 年金積立アセット・ナビゲーション・ファンド
  • マイストーリー(DC)

以上になります。

ほぼ全ての商品が国内を対象としています。

現在、新規募集を行なっていないため、特段、コメントは必要ありませんが、これでは厳しいと言えます。

きらやか銀行iDeCo(イデコ)の手数料

きらやか銀行iDeCo(イデコ)の手数料ですが、公開されている数字がありません。

そのため、ご案内することができない状況です。

新規募集は他のサービスを紹介していることから、手数料の公開を中止したと考えられます。

まとめ

きらやか銀行のiDeCo(イデコ)をご紹介しました。

冒頭でも触れましたが、きらやか銀行のiDeCo(イデコ)は現在、新規募集を行なっていません。

そのため、新たに加入できない状態となっています。

きらやか銀行の地元でiDeCo(イデコ)加入を考えていた方は別の金融機関を利用するようにしましょう。

iDeCo(イデコ)ランキング

SBI証券

 iDeCo(イデコ)に加入するなら断然「SBI証券」をおすすめします。

私がSBI証券をおすすめする理由は3つあります。

  • 運営管理手数料が「無料」
  • 投資信託の商品が豊富
  • 加入者が多い

SBI証券は多くの人がおすすめしていますが、それだけ加入者のことを考えたサービスとなっています。

私自身もSBI証券でiDeCo(イデコ)を運用しています。

安心・安全なSBI証券のiDeCo(イデコ)であなたの大切な老後資産を作っていきましょう。

楽天証券

2つ目にご紹介するのは「楽天証券」です。

SBI証券と同様に日本を代表するネット証券の1つと言えます。

楽天証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が無料
  2. 楽天ポイントがもらえる

楽天ユーザーにとっては欠かせない存在が楽天証券となりますので、楽天ユーザーはおすすめです。

大和証券

大和証券 iDeCo

最後にご紹介するのは「大和証券」です。

大和証券は日本を代表する証券会社の1つです。

大和証券の魅力は3つあります。

  1. 運営管理手数料が「無料」
  2. 低コスト投資信託を厳選
  3. 動画で投資を学べる

動画が活用できるため、あなたに適した運用を学ぶことができます。

-地銀のiDeCo
-, , ,

Copyright© はじめてイデコ|iDeCoを始めたいあなたへ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.